オリジナルTシャツの作成は業者依頼がお得【しっかり仕組みを把握】

色々な用途で作成できる

Tシャツ

学校行事やビジネスなどでオリジナルTシャツは活躍します。昔よりも制作業者が増えたため、より手軽に作成できるようになりました。デザインは指定の形式にデータ化すればプリントされます。大口注文だけでなく小ロット注文も可能です。

詳しく見る

内訳を知っておこう

女性

プリント方法も重要

企業、学校などのイベントでオリジナルTシャツ作成を考えているなら、インターネットオーダーで業者に発注することをおすすめします。安く、納期も早いので幅広く利用できます。初めて業者サイトを訪問する場合は、料金設定で戸惑うこともあるので、ある程度内訳を把握しておきましょう。多くのサイトでTシャツそのものの金額を表示していますが、あくまで素材となるTシャツの単価です。そこにプリント代や送料などが加わり、初めてオリジナルTシャツ発注の総額が決定されます。プリント代は依頼内容によって変動しやすく、カラーの数、またTシャツに施す図柄やロゴの数でも変わってきます。そして、プリント加工の種類も複数用意されており、シルクスクリーンや転写プリント、カッティングシートを使ったプリントなどがあります。もちろん、プリント加工の種類によっても費用は違ってきます。そのため、オリジナルTシャツを発注する上では、用途や予算に合わせて内容を選択することが大切です。大量発注するなら代表的なシルクスクリーンがお得ですし、カラー豊富なデザインなら転写プリントがおすすめです。背番号やネームなど、一つひとつ異なる文字を個人仕様で作成する場合は、カッティングシートプリントが適しています。これらプリント方法も重要な選択肢となるので、オリジナルTシャツを依頼する際には、しっかり仕組みを把握しておきましょう。加えて、ネット発注する場合はデザインデータの入稿も必要になってきます。データはパソコンから業者指定の方法で入稿できますし、デジタル作業が苦手な場合は手書きデザインで依頼することも可能です。

個性を演出するアイテム

Tシャツ

サークルや職場においては、チームとしての連帯感を高めることが大切です。皆が同じコスチュームであれば、見た目も綺麗で気合いも乗るはずです。オリジナルTシャツを効果的に使って、チームの団結力を高めてみて下さい。

詳しく見る

簡単に作れます

男性

活用機会が多いオリジナルTシャツは業者に頼めば気軽に作成できます。多くの場合、指定のデータを送ってプリントする形となります。手書きでデザインする時は無地の用紙で鉛筆・水彩は避けましょう。やり方が分からないならテンプレートを使う手もあります。

詳しく見る

業者を選ぶ際のコツを知る

Tシャツ

オリジナルTシャツをこれから作る際には業者選びが大事です。例えば、しっかり話を聞いてくれるところを選ぶと良いでしょう。他にもアフターケアがどのくらい充実しているのか、どのくらいコストが下げられるのかといったこともポイントです。

詳しく見る

どんなデザインも作れる

女性

仕事やイベントでのユニフォームなどでTシャツを着用する機会は多いでしょう。デザインを考えればオリジナルTシャツの制作も可能です。インターネットから申し込めば大口〜小ロット注文まで幅広く対応しています。

詳しく見る